バターバームコーヒー

計量

 コーヒー豆を計量スプーンで測り、コーヒーミルに入れ、豆を挽きます。

  コーヒー豆の分量はさまざまですが、だいたい

  一杯分のコーヒーを淹れるならば、10gのスプーンに2杯。

  二杯分のコーヒーを淹れるならば、10gのスプーンに4杯。

  三杯分ならば6杯と比例していくかたちでOKだと思います。

赤ずきん地蔵

 三杯分でスプーン6杯は濃すぎるという方は、スプーン5杯にすてみるなど、アレンジしてみましょう。なお、当店の商品の「バターバームコーヒー」は、コーヒー豆を挽き終わった(粉末状になった)状態で販売します

 

 

 

準備

 コーヒーフィルターの端をしっかり折り(しっかりドリッパーにフィットするように)、

 挽きたての豆を入れて、ドリッパーに右写真のようにセットします。

 ポットややかんにて沸騰した熱湯を冷ますため、熱湯を別のポットに移しかえます。

赤ずきん地蔵

 

 沸騰したての熱湯で抽出しようとすると、タンニンなどの抽出してはいけない渋みをもつ成分が、早く出てしまいます。ちょっとしたことですが、熱湯を別のポットに移し冷ます作業は、欠かせない作業になってきます。

 

 

 

蒸らし

 真ん中にお湯を2、3滴落とし(お湯の筋道をつくるため)

 全体にゆっくり、お湯をおとしていきます。

 濃いコーヒーを淹れる場合は、「蒸らし」てから次の工程に移るまで、

 3分くらい待ちますが。

 バターバームコーヒーの場合は20秒くらいの方がおいしいです。

赤ずきん地蔵
 この「蒸らし」がドリップコーヒーをつくる上で、一番重要な工程になります

この作業で、挽いたコーヒーのなかにある、ガスを蒸気でおいだし 抽出時にお湯が粉の内部までスムーズにはいり込める様にしています。

コーヒーの濃さも、「蒸らし」の時間の長短(濃いコーヒーは3分程、逆にアメリカンタイプのコーヒーは10秒程度)で調節ができます。

 

 

 

抽出

 蒸らしで、コーヒー豆からうまみや苦味などの成分がとける状態になりました。

 いよいよ抽出です。

 内側から外側へ円を描くように、注いでいきますが。

 あまりフィルター辺りに注いでも、ドリップにならないので、

 内側周辺に注ぐ気持ちで、やさしく抽出していきます。

赤ずきん地蔵


 お湯を注ぐ位置が高すぎたり、湯の注ぎ方が急激すぎると、味にムラがでてきます。

せっかちな気持ちは捨てて、ていねいにお湯を注ぎましょう!

 

 

 

 

温める

 人数分抽出しました。ホットコーヒーは器で冷ましては、ぬるくなってしまうので、

 コーヒーカップも余っているお湯で温めておきましょう。

 それでもぬるい方は、ガラスポットごと火にかけてもいいです。

赤ずきん地蔵

 調整を間違えて予定の人数分よりコーヒーが超過してしまうことは、よくあることですが、その場合は超過分を捨ててもいいと思います。

コーヒーは抽出の前半ほどうまみがよく出て、後半になると徐々に渋みや苦味が増えていくからです。

 

 

 

さらにおいしく

 バターバームコーヒーはブラックじゃなく、砂糖やフレッシュをいれると、

 よりバターの香りや味わいが際だちます。

赤ずきん地蔵


 

    洋菓子を添えると、よりおいしくなりますよ。